サイトの表示を上げることで企業の売り上げが上がる

顧客との信頼関係

品川美容外科と訴訟問題

品川美容外科は26年の実績がある、日本有数の美容外科クリニックである。多くの女性が関心をよせる、若返り、小顔や二重まぶたのニーズに応えてきた日本有数の美容外科です。日本でも多くの人が美容外科の話をすると時は必ずと言っていいほど、品川美容外科が連想されるのです。 そんな品川美容外科ですが、数多くの実績がある一方で、品川美容外科を訴訟した人達もいるのです。訴訟の原因は、一例として術後の後遺症等がありますが、必ずしも品川美容外科に責任があるとは限らないのです。 訴訟を起こした人達の言い分は、それぞれ異なっており、この場合、双方による原因追求と話し合いが大切になるのである。一方で、訴訟を起こされる事で品川美容外科も体制を見直し、それが逆に大きな変化を生み出すこともあるのです。

信頼回復への取り組み

品川美容外科は、一般的にイメージが良くない訴訟を起こされる事を乗り越え、問題を改善する事で顧客の信頼を回復したのです。 人間は自らの容姿、体への理想を持ち続ける一面、理想を高く持ちすぎる局面も持ち合わせているのです。その高くなりすぎた理想が訴訟を引き起こす要因の一つなのです。しかし、品川美容外科は長年に渡り、高くなりすぎた個々の理想を叶え続ける事で、訴訟というイメージを払拭し、信頼を掴み取ったのである。 訴訟を起こされた企業は信頼回復までに相当な時間が掛かるのです。しかし、品川美容外科を連想する時には「信頼」という言葉を多くの人が浮かべるのです。これこそが、訴訟という逆境を経験しながらも、それ以上の価値と喜びを一人一人の顧客に築き上げてきた証なのである。